研究内容

概要

 マイクロ波・ミリ波・テラヘルツ波は数mから数10㎛までの波長帯を有する電磁波であり, それを用いたセンシング技術は,数十cmから数mm程度の内部過特性を有するため, 光学センサ(レーザ・カメラ等)では見ることができない状況下でのセンシングが可能です. このため,以下の各種の社会的・産業的需要の高い応用分野に有望であるとされています.

  • 自動運転システムにおける視界不良・見通し外(物陰等)での人体検出・衝突回避
  • トンネル・高速道路等の交通インフラの大規模かつ迅速な非破壊計測(空洞・腐食・液状化探知)
  • 癌組織の誘電特性を利用した医療画像診断
  • 空港・鉄道セキュリティゲートにおける危険物(薬物・銃器等)探知
  • テラヘルツ分光解析を統合した各種の非破壊計測及び電気・化学成分分析
  • 航空機・衛星搭載型リモートセンシングによる地球環境モニタリング
  • 壁透過レーダによる災害現場での生存者検出及びセキュリティ応用

 我々の研究室では,独自の革新的な研究基盤を基に,各種の電磁界散乱解析に基づく物理的考察と 信号・画像解析・機械学習・統計解析等に関するデータ科学を融合させることで, 上記の社会的需要の高い応用において技術的ブレークスルーを実現させることを目的としています.

基盤研究

応用研究

共同研究向け研究紹介